忍者ブログ
Photographer BOCO 塚本が気が向いた時に書き込んでいます。
1. 2.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

nishiyama.jpgちょっと前の写真が出てきたのでアップしてみました。
この写真は、2007年暮れにコンポジション用に撮影したWildFlowerというモデル事務所の新人モデルさん(西山由さん/そろそろ新人でもないですが・・・)です。モデル帳に使用する宣材写真と言うことでノーマルな撮影をしたのですが、気に入ったカットがあったので少し調整してポストカードに使わせていただきました。
僕が、作り込むとどうしても色の少ない暗っぽい写真に仕上がりますね。最近は、PHaT PHOTOや女子写真に代表されるようなほわっとした締まりのない写真が流行っていますが、どうしてもあんな感じには仕上がりません。「味」だと言えばそれまでですが、最近は自分の感覚が古いのかしらん?と不安になります。
次回は、挑戦して見るのもいいかな。

拍手[0回]

PR
catch_02.jpg
間髪入れずといった感じのタイミングでD90が発表になりました。こちらは、D70・D80から続くエンD90_s.jpgトリー機という位置づけなのでEOS50Dではなく、KissDXがライバルというところでしょうか。やはり噂にあった動画撮影機能が、搭載されました。ユーザーからは、まさに賛否両論の声が聞かれます。必要無ければ使わなくて良いのですが、根っからのNikonファンにとってはNikonのカメラ作りに対する文化も含めて興味のあることなのでしょう。Nikonが、Fマウントを捨てない理由が、見える気がしますね。
D80で新たな一眼レフユーザーを発掘したNikonは、新しいD90でも新しいファンをつけることができるでしょうか?
NikonとCanonは、良い意味でこれからもライバルであり続けてほしいですね。

拍手[0回]

key-visual.jpg
40Dから約1年で後継機の発表とは、サイクルがますます短くなっています。発展途上のデジタル一眼レフは新機種の方が断然使いやすく機能も良くなっています。
でも、プロカメラマンでさえで1年程度では償却も難しいところです。
ニコンD300の対抗機種としてはD40では不足だと考えたのでしょう。価格.comでも2万円ほど安くなっています。
1510万画素だと旧1DsMarkIIに匹敵する画素数です。あそこまでの画質は期待しなくても通常の撮影だと充分すぎる画質が期待できます。APS-Cサイズでここまでの画素数だとダイナミックレンジが狭くなるのではないか、と言う疑問もありますがCanonの説明では開口部を大きくすることで遜色のないレンジを確保していると言うことです。

拍手[0回]

hanabi.jpg大阪平成淀川花火大会は、突然の夕立で大変だったみたいです。うちのスタジオのチーフが家族で見物に行ってたらしいんですが客はずぶ濡れの大騒ぎだったそうです。
こちらは、京都南部の木津川花火大会です。規模も小さくて余りメジャーじゃないだけにとても近くで見ることができます。今年もほぼ真下で見物できました。視界一杯に広がる大玉は迫力満点です。それでもやっぱり燃えかすが、降ってきます。


拍手[0回]

4cf0c30d.jpg残暑お見舞いには少し肌寒く感じる8月の終わりですね。
ことしの夏は、前半がとても暑くて大阪も熱帯化しているのを実感できました。そのせいか夏には欠かせない入道雲がよく見かけました。
自宅の庭から入道雲を見ているとみるみる成長しているのがわかります。この入道雲はNikon D3のインターバルタイマーで2秒おきに撮影したものをPhotoshop CS3でムービーにしたものです。撮影が夕方近くだったのでさすがに勢いが無く積乱雲までは発達しませんでした。途中で雲の成長が止まっているのが見えると思います。

_DS33689.jpgこちらは、長時間バージョンです。感覚を2秒にしたので動きがゆっくりで余り迫力はありませんが、雄大な感じがします。

ちょっと重いかもしれませんので遅い環境ではクリックしないでくださいね。

拍手[0回]

NX2.jpgニコンプラザ大阪で隔週開催しているニコン塾〜Capture NX 使いこなし術〜が10月からCapture NX2使いこなし術に移行します。Capture NX2はインターフェースの刷新と自動レタッチブラシを追加してこれ一本でほぼ満足のいく画像調整レタッチが出来るようになります。
画像管理やセレクトは、同じニコンのView NXの方が格段に使いやすいのですが、Capture NXではラベルやレーティングがちゃんと反映するようになってちゃんと連携できるようになりました。もちろんAdobe Bridgeとも共有できるので使い方が広がります。
D700以降の機種は、NX2で無ければRaw現像できないのでNXユーザーさんはいずれ移行しなければなりません。
Nikon Direct のダウンロードは版17,800円 アップグレードは、10,800円です。

拍手[0回]


  Nikonの最新デジタル一眼レフD700のお披露目でもある
Nikon Digital Live 2008 in Osakaが7月18日〜20日の3日間
「Capture NX2 コンシェルジュ」コーナーを担当しました。
DSC_8965.jpg
新機能搭載のCapture NX2と言うよりも、Capture NXそのものに興味があるお客さんが多かったです。メインステージでのライブが重なっているにもかかわらず多くのお客さんに集まっていただきました。
 会場には、D700でモデルを撮影出来るシューティングステージもありこちらは、セッティングと衣装のアドバイスをさせていただきましたが、実際にDSC_8950.jpg撮影した画像をCapture NX2でレタッチしてお見せすることもできてなかなか面白い構成になりました

今回は、ゲストも多彩で盛りだくさんのイベントになりました。来場のお客さんも楽しんでいただけたと思います。



写真は、シューティングステージの東城あかねさんです。




拍手[0回]

最新CM
[04/04 doM]
[10/11 BOCO]
[10/09 tsune]
[10/06 Yaa]
プロフィール
HN:
BOCO 塚本
年齢:
57
HP:
性別:
男性
誕生日:
1961/06/30
職業:
Photographer
趣味:
写真 カメラ デジタル フィルム
自己紹介:
関西を中心に活動するCommercial Photographer
本業は、シャッター切って何ぼの広告屋なんですが、デジタルフォトについての講演や
雑誌での執筆もしています。写真以外のデジタルは、趣味みたいなものです。
関西の写真屋は、何でも撮らされますが、最近は女性の写真が多いです。自分では、老若男女問わずポートレートはスキなんですが、意外に人見知りで撮影直前は、未だに緊張しています。まあ、現場に入れば関係ありませんが・・・。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp